令和2年度 A.L.C.貝塚学院 46.47.48.49期生 募集のご案内

『園見学』随時対応いたします。お気軽にお電話か、園見学申し込みフォームからお申し込みください。

PLAY MOVIE

生まれ変わったA.L.C.貝塚学院を
1人でも多くの子どもたちに体験してほしい

だから

20204月度新入園児『全員』に、

10万円の奨学金を支給します

※返済不要

長文恐縮ですが、ご一読ください

2019年3月 当園、A.L.C.貝塚学院は前経営陣によって急遽破産を発表する運びとなり、在園児・保護者の皆様はもちろんのこと、全国の皆さまをお騒がせいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。
その後、現在の運営陣(株式会社サン)より資金支援及び経営支援を行い、2019年6月現在においては、盤石な運営基盤を獲得しておりますことをご報告いたします。この3ヶ月間で、内装のリニューアル等を実施。今後、校舎の外装フルリニューアルも予定しており、新しい園に生まれ変わってまいります。ですが、実際に子どもたちを担当する先生方は、以前のメンバーから変わっておりません。教育の方針も、評判の良かった保育内容も引き継ぎ、さらなる向上を実現しております。

保育無償化の対象施設となりました

A.L.C.貝塚学院は、2019年7月に認可外保育園としての届け出をおこない、川崎市よりこれを受理していただき、保育無償化の対象施設になりました。ただし、認可幼稚園等に適用される無条件の補助ではなく、両親共働き、あるいは片親の家庭にに支給される最大3.7万円の保育料補助の対象施設となります。(※ただし、4年保育は保育無償化の対象外年齢のため、認可・認可外に関わらず無償化の対象ではありません。)

この教育を一人でも多くの園児に体験していただきたい

A.L.C.貝塚学院の教育方針は「子どもに選択肢を与える教育」つまり「子どもの将来を大人が決めない教育」です。
なにかに特化するのではなく、幼少期に大幅に成長する能力を徹底的に鍛えること。そして、感性・感受性を豊かにしていくこと。それが当園の教育です。小学生以上になるとなかなか慣れないといわれるネイティブの英語や、一度体ができてしまうとトレーニングが難しいといわれる体操、そして、自然や芸術に触れることでしか育たない感性と観察力。当園では、大きくなってからでは育てることが難しい能力を一番大切に、まんべんなく育てていきます。

「将来、〇〇をやりたい」とお子様が本気で思ったとき、
そこに向かって全力で羽ばたける素養がある

その状態を作ることが、A.L.C.貝塚学院が目指す教育のあり方です。

保育無償化にとらわれず、私達の教育を体験していただきたい

その想いで支援会社の有志により、A.L.C.奨学金制度を設立いたしました。
上記の想いを実現するため、2020年度の新入園児には、全員に、奨学金として10万円を支給いたします。
この奨学金は、返す必要がない、保護者様に差し上げるお金です。
もちろん、メディアで話題になっていた債券制度は全て廃止し、入園時に入学金・入学準備金以外の費用がかかることもありません。
新しく生まれ変わったA.L.C.貝塚学院。
私達の新しい運営水準と、古き良き教育を体験していただければ幸いです。

園長 織戸四郎

認可外の幼児園ですが、認可幼稚園と同等の責務を果たします

一部メディアで、認可外幼児園の場合、小学校に上がる際に小学校への情報連携が行われない、などの懸念が報じられましたが、A.L.C.貝塚学院は認可幼稚園と同様に、進学される小学校に指導要録を提出いたします。今までも、園児一人一人の状況について、小学校に引き継ぎを行っております。

認可外であることはあくまでも、他のインターナショナルスクールやプレスクールと同様に、教育方針・教育内容の方針が合わないことによるものであり、教育の品質や園児の管理不足によるものではありません。

行政と何かしらの形で認可を得られる方針はないか折衝を重ねておりますが、A.L.C.貝塚学院としては、現状大切にしている教育方針や教育内容を変更してまで認可を取得することは検討していないことをご理解ください。

A.L.C.貝塚学院は、
働くお母さんにとっての強い味方であり続けます

POINT1

A.L.C.には、
PTA組織がありません

昨今、メディアでも話題になっておりますが、働くお母さんにとって、PTAの仕事は負担になるケースが少なくありません。子供のために手作りで装飾を作ったり、卒園イベントなどを盛り上げたりすることも良いことだと思います。ですが、休暇などを工夫して保護者の皆様で集まって活動する時間があるのであれば、お子様と過ごす時間の方を増やしていただきたい。
その思いで当園ではPTAの制度を設けることなく、運営をしております。

POINT2

7:30~18:30まで
延長保育が可能です

働くお母さんにとって、急な残務や早朝出勤等があることも、仕方のないことだと思います。
当園では、お電話をいただければ、その日の早朝保育でも延長保育でも当日対応も可能。 もちろん、毎日ご指定の時間帯でお預かりすることも可能です。
お仕事の時間調整に悩まされることなく、仕事にも、子育てにも集中していただけるよう、お手伝いをしてまいります。

授業風景

体操

年長さんにもなると、5段~7段の跳び箱を補助無しで飛び越える子たちも多数。身体の基礎能力と、チャレンジで眼の前の壁を乗り越える力を養います。
※2020年より、中断していた水泳授業の再開も検討中です。

英語

年少、4年保育クラスから、毎日、ネイティブの先生が、全て英語で授業を行います。日本語が使えない時間が、子どもたちの英語のセンスを引き出します。

クリエイティブ

粘土やお絵かき、工作の時間も充実。となりに広々とした公園もあり、自然に触れられる時間もたくさんあります。

年間行事

2019年はこんなイベントを開催しています

  • 全園児での大相撲観戦

  • 芋掘り遠足

  • プロミュージシャンによる音楽鑑賞会

  • 動物園遠足

  • 運動会

  • 運動会

  • 教育発表会

  • 参観日

保護者の皆様からのメッセージ

通わせる幼稚園を検討しているときに、ALC貝塚学院を見に行きました。その際に見た、「園児がちゃんと先生に向かって話を聴いている姿」がとても印象的だったんです。ただ遊ぶだけでなく、体操・水泳・習字・英語と様々な経験をさせてくれる園はとても魅力的に感じましたね。
実際に、先生の話を聞くことが当たり前にできる子に育ってくれました。小学校の入学式でも、ALC貝塚学院を出た子はビシッと足を揃えて先生のお話を聴いていたんです。「ALCを出てる子ってすごいんだ!」と感じました。 ALC貝塚学院を卒園した娘も息子も中学受験をし、中高一貫校に進学しました。その基礎はALC貝塚学院で学んだと思います。中学受験を考えてる保護者の方にはお勧めですね。(大久保さん)

主人と主人の兄が卒園生で、主人の姉の子ども三人も卒園生。そういった経緯でALC貝塚学院の運動会を見に行く機会がありました。その際の園児たちが綺麗に並んで行進している光景がとても印象的で…!子どもが生まれる前から、「子どもが産まれたらここに通わせたい!」と思っていました。
実際通わせることになりましたが、最初は不安なこともあったんです。例えば、登園の時です。バス登園だったんですが、家を離れる時泣いたことがありました。そんな時、先生が「大丈夫だよ、おいで」と抱っこしてくれたんですね。そしたら泣き止んでバスに乗り込んで、バスの中から「行ってきます」と手を振ってくれて……。先生の細やかな気配りのおかげだと思います。それから子どもも幼稚園が楽しいと、自分から行ってくれるようになりました。娘から聞く園の様子からも、先生が子どもとちゃんと会話をしてくれていることが分かったので、安心感がありましたね。
教育の素晴らしさだけでなく、人の温かさも感じる幼稚園です。私の子どもも「子どもに通わせたい!」と思ってくれたら嬉しいなと思います。(小宮さん)

入園の決め手はやはり「教育」でした。実際に、自分たちではなかなか学ばせてあげられない部分を園が教えてくれていたと感じています。特に英語に関しては、先生が外国人の方だったので、英会話塾に通わせたりすることもなく、小さいうちからネイティブな英語に触れさせることができました。
本来であれば小学校から学ぶ「あいうえお」や九九も先んじて教えてくれるので、小学校に入ってからも遅れることなく授業に臨めていたみたいです。たとえ園で学んだことを忘れていても、園でやったことをなぞるようにそのうち思い出して引っかからず取り組める。小さい時に学んでいる利点ですね。水泳や体操もさせてくれるので体も丈夫になって、風邪も引かず健康に育ってくれました。勉強面でも健康面でも、本当に助けてもらったなと感じています。(北山さん)

子どもを通わせる幼稚園を探すにあたり、英語や体操に重きを置いている幼稚園は他になかったので、それが決め手になりました。ママさんからの評判もとても良かったですね。うちもそうなのですが、ALC貝塚学院にきょうだいで通わせている親御さんもとても多いです。長く勤められる先生が多いので、上の子を見ていた先生が下の子も見る、ということがよくあります。それが大きな信頼感につながっているのではないでしょうか。もちろんそれだけでなくて、とにかくこまめに園に通う子どもや組の情報を教えてくれたというのも信頼感につながるポイントです。
教育に力は入れていますが、「教育だけ」を重視しているわけではありません。上の子の卒園後に、下の子の授業参観があって、上の子と一緒に久しぶりに園に行ったんです。その時に「久しぶり!」と声をかけてくれて……暖かい園だなあと感じましたね。
今子どもたちの根底には、ALC貝塚学院で学んだ道徳観があると思います。本当に通わせてよかったです。(大下さん)

A.L.C.貝塚学院の教育方針

子どもが『進みたい道』を見つけたとき
『自分にはできない』と
あきらめなくていい。

いつでも、どんな道でも選べる。
その基礎を作るのが未就学児の時期です。

「三つ子の魂百まで」これは、すべての人において共通する真実です。例えば、3~5歳でネイティブの英語に毎日のように触れていなければ、将来どんなに努力をしてもネイティブと同じアクセントで話すことができないと言われています。また、ビジネス英会話はできても、日常英会話ができないという方も少なくありません。体操も同様で、幼少期に自分の身体を正確にコントロールする体験をどれだけしたかが、どれだけスポーツで結果を出せるかということに直結してきます。

A.L.C.貝塚学院では、お子様が「やりたいこと」を自分自身で見つけ出したとき、「僕は〇〇くんみたいにできないから…」とあきらめてしまうようなことがないように。成長してからでは、育てることができない『基礎能力』と『感性』を徹底的に育てることを、教育の第一指針としています。

そのため、種目の特化型ではなく、すべてのスポーツの基礎となる『体操』と『水泳』、そして、異文化コミュニケーションの基礎能力となる『英語』の教育を2本柱としています。それに加えて、『芸術センス』に直結する観察や工作の時間。思考能力の向上に直結すると言われる指先の感覚を鍛える粘土やお絵かきの時間。そういったクリエイティブな時間も徹底して大切にしています。

A.L.C.貝塚学院は2019年に新しい運営陣に変わりましたが、先生方や教育方針は何一つ変わっていません。過去40年間評判をいただいている教育を引き続き提供してまいります。

A.L.C.貝塚学院 園長 織戸四郎

施設概要・アクセス

所在地

〒210-0853 神奈川県川崎市川崎区田島町15-19

  • 市営バス:川40系統小田栄下車 徒歩2分(塩浜営業所.JFE.水江町.臨港警察署行き)
  • 臨港バス:川24系統(鋼管循環)鋼管病院前または鋼管通2丁目下車 徒歩5分

お気軽に、園見学のご希望をお申し付けください。

募集要項

途中入園も枠を
ご用意しています。
ご相談ください。

募集

4年保育(2~3歳:プレクラス) 50名
3年保育(3~4才:年少クラス) 60名
2年保育(4~5歳:年中クラス) 若干名

月謝

2・3年保育 25,000円/月
4年保育   26,000円/月
※別途教材費・施設維持管理費等で月々11,400円程度の費用がかかります。

申し込み方法

下記の申込フォームより申請いただき、折返しのメールの指示にしたがって受験料4,000円をお振込みください。面接時間のご連絡を差し上げます。
合格発表後は1週間以内に入会金90,000円を指定の口座にお振込みください。お振込みがない場合、合格発表は無効となります。くれぐれもご注意ください。

面接日

令和元年10月22日(火)

※10月の面接は、8月の面接で定員となった場合、開催いたしません。
可能な限り、8月の面接にお越しいただけるスケジュールで園見学をお申し込みください。

園見学のお申込みはこちら 面接のお申込みはこちら